ロド日記

ロド日記

僕がお金を支払ってもいないものに対して言いたい放題言わせてもらおう、という割と身勝手なブログです。

2022年プロ野球開幕!!

f:id:azzurri10:20220325180550p:plain


今日から開幕ですね! プロ野球

いよいよ球春当来ということで、今年も楽しみです!

僕はホークスとベイスターズのファンなのですが、まぁ、両チームとも今年も厳しいかなぁー(^^;;

でも、全力応援です!

夢は両リーグ覇者としての日本シリーズ対決!

負けるな!藤本監督

まずはホークスからですね。パ・リーグ派なものでw

残念ながら名将・工藤監督は昨年で退いてしまいました。優勝を逃し、CSにも行けなかった責任を取る形なので、勇退とも言えず。球団は続投要請したらしいのですが、なんとも寂しい幕引きとなってしまいました。

で、今年からは去年ヘッドコーチだった小久保氏が監督を引き継ぐのだとばかり思っていたのですが、まさかの藤本監督。

これは完全に邪推なんですけど、小久保に恥をかかせるわけにはいかない、ってことなんでしょうかね?

ハッキリ言って、オフにろくな補強もできず、世代交代に完全に失敗したホークスに、向こう数年は勝てる要素はないと思います。

そこに生え抜きのスター・小久保を監督にすることはできない、といったところでしょう。

じゃあどうするか。藤本、おまえ踊ってくれ、というわけなのではないでしょうか。

だってそうでしょう? 普通に考えて、球団生え抜きで、スターで、WBCの監督までやって、去年は満を持してヘッドコーチですよ。

もう工藤はそろそろ代えますよ、って雰囲気バキバキに出してたぢゃないですか。

それなのに急に藤本氏を呼ぶ。なんか変ですよね?

なんかもう、仕方がないと言えば仕方がないかもしれませんが、なんかこう、モヤモヤが止まらない。

しかし、藤本氏は二軍や三軍の監督・コーチを歴任。去年は二軍監督でした。更には柳田や中村晃などの今や主力打者を育て上げています。

だから選手との信頼関係も厚く、むしろ期待できるのでは…、と思うかもしれませんが、むしろ逆だと思います。

僕はこの信頼関係が仇となりそうな気がします。

監督って、どうも自己中心的で性格悪いくらいじゃないと勝てないらしいんですよね。

翻って藤本監督って、どうも人良さそう。しかも選手との信頼関係は厚そうなので、非情に徹しきれないのでは…と思ってしまいます。

しかし、だからこそ、今年は全力応援です。めちゃめちゃ応援します、藤本監督! 僕なんかが応援しても1ミリも役に立たないけど、それを重々わかった上で応援します! 全力で!

藤本監督、頑張ってください!

勝ち運のある人

でも、やっぱり優勝は無理だと思います。ましてや、日本一は無理でしょう。

なぜなら、内川がいないから。

やっぱ、勝ち運ってあると思うんですよね。思えば、この人が来てからCS突破することができるようになりました。

一頃は本当にホークスは呪いにかかっていましたからね。何の呪いかはわからんのですが、とにかく本当にCSの呪いにかかってました。

しかし、その呪いを打ち破ってくれたのが内川でした。

移籍一年目で史上二人目の両リーグ首位打者を達成し、プレーオフでも大活躍。日本シリーズMVPにもなったことがあります。

もう、本当に功労者でした。

でも一昨年、まさかの放出…。

間違いだろォ、これぇ!

これだけの功労者を手放すなんて…。

そして去年はどうだったか。内川が移籍してきたスワローズは見事日本一。それに引き換えホークスは無残にもCSにすら残れず。

これは間違いなく、勝ち運を持った内川という男がもたらしたものです。この符合は偶然では片付けられないと思います。

じゃなきゃ、それまで四連覇していた球団がAクラスにすら入れず、内川が来る前は最下位だった球団が日本一になるなんて考えられない。

僕にはホークスが自ら勝ち運を捨てたようにしか見えなかった。

だから、そんな勝ち運を捨てたホークスはしばらく優勝できないです。

それに、あれだけの功労者ですらこうも冷たくお払い箱になる、という未来を若い選手は見てしまったわけです。そんなチームに未来があるとは思えません。

2年目の番長!

さて、ベイスターズです。いや、去年はヒドかったですねw 暗黒時代に戻ってしまいました。

一昨年は4位で、一応優勝戦線にもギリギリ踏みとどまり、終盤はCS争いはしたんですよね。

それが翌年、ブッちぎりの最下位…(^^;;

やはりラミレスは良い監督だった。僕はラミレス代えるの反対だったんですけどね。いちファンとして。

でもまぁ仕方がない。番長頑張れ!っと思ったらまあ、あの体たらく。

開幕して直後ですかね。不思議継投が続いた後のインタビューで、なぜ打たれた投手を連投させたか、についての一言がド肝を抜きましたよね。

「一生懸命練習してたから」

どこの小学校のチーム預かってんですかあ?監督ゥ?!

これ、プロの野球なんですよ。そんな甘っちょろい考えではやっていけないんですよ。

多分、三浦監督は小学生のチームを預かるには最高の監督なんだと思います。逆に小学生なのに、教育の一環なのに勝利至上主義のダメ指導者が多いらしいですからね。そこへ「一生懸命練習してる子を使う」という監督が現れたら、それは素晴らしい教育になると思います。

でも、これプロなんです。勝たなきゃいけないんです。打たれたピッチャーを何度も使うのは許されないことなんです。

そこらへんを三浦監督はわかっていなかった。

ただ、まだ一年生監督。

僕は監督を育てるのは球団だと思っています。一年目結果出せないからといってすぐに代えちゃうパターンを昨今よく見ますが、それでは成長しないと思います。

監督だって成長していくものだと思いますからね。だから、少なくとも3年は我慢して使う覚悟が球団には必要だと思います。

というわけで2年目。色々言いましたが、なんとか番長には頑張って欲しいと思います。そして、その萌芽が、去年のシーズン終盤に見られたようにも思います。

色々言ったけど、全力応援することには変わらず。三浦監督、頑張ってください!

rodriguez.hatenablog.com

azzurri.hatenablog.com

azzurri.hatenablog.com

azzurri.hatenablog.com